六地蔵さん、来年は?

六地蔵さん発祥の地、大善寺は伏見区桃山にあります。

定恵(643〜666 24歳。中臣鎌足の長男)が木幡山に建てたお堂が起源とされます。定恵は653年に唐へ渡り(10歳?)、665年の9月に帰国し、同年12月に死去。毒殺とも云われます。

一説では714年に70歳で亡くなったとも。鎌足の長男でありながら謎だらけの人物です。





伏見地蔵さんは虫の供養の意味を込めて綿をかぶっています。

2019(令和元)年7月18日(木)の午前10:30頃、41歳の男性(青葉真司)が京都アニメーション第1スタジオにガソリンを撒き放火。68名の方が被害にあいアニメのプロである35名もの尊い生命が奪われました。



六体のお地蔵さんに見守られていました。



今回のバスツアーは46名の満席でした。それに、六地蔵さん巡りに馴れた75歳?前後の方が多く、ともすれば、ガイドさんより前に歩いて目的地へ向かっていました。

京の七福神詣りはバスツアーで経験した事がありますが、京の六地蔵めぐりも一度行ってみたかったので今回、参加してよかったです。

初盆には水塔婆供養し、3年間巡拝すれば六道の苦を免れるといいます。あと2回…無理かな?。

[追伸]

京都検定1級試験で、1週間以内?なら、「六地蔵巡りについて100字以内で説明しなさい。」という問題が出されたら8割の点数は取れそうです。

こちらもよろしくお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

京都ばあばイチ押し!京都観光のガイドブック